トップページ>著作権侵害対処法マニュアル

著作権侵害対処法マニュアル

          著作権侵害への対応でお悩みの方 必見!

 パソコンなどのコンピュータ機器やデジタル機器の発達普及により著作物の創作活動又は、
 デットコピーなどの複製が容易になり、それに加え、高速インターネットの普及により他人の
 著作物を使用する機会が増しております。

 その影響で、著作物の無断複製や無断使用、ホームページの改ざんなどの著作権侵害ま
 たは知的財産権侵害が起こりやすくなっています。

 そこで、著作権侵害または知的財産権侵害を止めさせたいと思っている方、あるいは、どう
 対応したらよいか悩んでいる方はお気軽にご相談ください。


  こんな時はぜひご相談ください

    自分の著作物(ホームページやブログ、写真、動画、プログラム、音楽など)または営
    業秘密(ノウハウ)、さらに、商標、デザインが無断で使用されたり盗用された場合
    著作物の内容が無断で改変された場合
    契約時の目的と違う方法で著作物や営業秘密が不当に使用されている場合
    インターネット上に著作物または営業秘密が流出した場合
    著作権侵害または知的財産権侵害(産業財産権侵害)に対し、どのような対応をすれ
     ばよいかアドバイスして欲しい場合 など 
                   

  サポート内容
  1.内容証明による警告書の作成
   2.告訴状の作成
    3.和解契約書(示談書)の作成
       4.コンサルティング業務


   著作権侵害の態様

   不正競争の類型

   著作権侵害された場合の対応

   著作権侵害を防止する方策

   サポート内容 (報酬額等はこちらで) 

          


                                     ⇒ next著作権侵害の態様



         Copyright (C) 2005-2021 Yuko Ito All Rights Reserved.